お仕立てについて

ハタノのお仕立てBESPOKE

テーラーハタノは1906年(明治39年)の創業から現在まで蓄積してきた技術で、高い品質の仕立て服をお作りしています。本格的で緻密な採寸法から、洗練されたシルエットを生み出す型紙を起こし、仮縫いでの補正により細部にまで神経が行き届いたバランスの取れた『人を魅力的に見せる服』をご提供いたします。
またご使用される状況やお持ちの服、お好みの記事や色柄、デザイン、ご予算など、お客さまのご要望に合わせて、どのような服にするのかをご相談しながらお仕立ていたします。ご来店またはお問い合わせの際にはご要望をお聞かせください。

ハタノの技術

ハタノの技術

テーラーの技術の第一は、平面の生地をその身体の曲面に合わせて立体的に組立てることです。首・肩・腕の周りをはじめ、身体は人それぞれに異なる複雑な曲面ですが、完璧にフィットした服は着ていることを忘れるぐらい別次元に軽い着心地になります。
ハタノでは特に肩回りを完璧にフィットさせることができる「短寸式(ショートメジャー)」という採寸法を用いて、お客さまの体型を細やかに採寸します。そこにお客さまのお好みや生地の性質に合わせて、調整を行いながら型紙を作成しています。この採寸のさじ加減が服の出来上がりに大きく影響しますので、ご来店頂いて直接採寸されることをお勧めします。
さらに仮縫いでは実際に着ていただいて、シワのつき方まで細かく調整を行い、完璧にフィットした軽い着心地を目指します。

お仕立ての進め方

お仕立ての進め方


1.スタイルと生地選び
お仕立ては、まずスタイルやデザインをご相談させていただき、同時に店頭で生地もお選びいただきます。どのような用途でのお仕立てをご要望か、具体的にご相談頂ければ、店主がおすすめのスタイルや、生地などをご提案させて頂きます。またお気に召す生地がない場合は、ストックやネットワークなどから探し出して、生地選びのお手伝いを行います。

2.採寸
生地の選定が終るとその場で採寸をさせて頂きます。採寸の際は、シャツなど薄手の服をご着用頂き、ご来店くださいませ。

3.仮縫い
お客様の型紙を作成し、生地の裁断、仮縫いを行います。採寸のおおよそ2週間後に、改めてご来店頂いて仮縫によるフィッテングを行います。実際の着心地や寸法、シルエット、しわの付き方などを確認させていただきます。

4.完成お渡し
お仕立て期間は、時期や内容にもよりますが、仮縫いから約4週間、全体で6~8週間ほど頂戴しております。詳しくはお問い合わせください。